砺波平野の形成と庄川の東遷

出町(杉木新町)は庄川扇状地の扇央部のほぼ中央に位置しています。砺波平野と呼ばれる扇状地は長い年月をかけて、庄川と小矢部川の急流によって形成されてきました。 庄川の川筋が現在のように扇状地の東の端に固定され、堤防が築かれその動きが抑えられたのは、近世に入ってからのことです。それ以前は扇頂部の青島あたりから幾筋もの分流となり、 扇状地を流れ下っていました。

その主流は、奈良時代には今よりずっと西(野尻川の西)を流れて小矢部川へ合流していたことがわかっています。万葉集に多く歌われる 『雄神川』はこの河道のことで、現在の流れとは大きく異なっています。 その後、主流は徐々に東(野尻川、中村川、新又川、千保川、中田川)へ移動し、 現在は旧中田川筋が庄川本流となっています。


図は佐伯安一著『近世砺波平野の開発と散村の展開』より引用し、加筆しています。